あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

manner 一覧

会いたいと思わせた力

駅でちらほらと卒業式の袴をはいた学生さん見かけますね。

Just Graduated / tata_aka_T

先日、京都でお世話になった専門学校の卒業パーティに出席してきました。
検定試験に全員合格!したので、みんなに直接お祝いを言いたくて
授業の最後の日、泣きそうな生徒もいて、もう一度会いたいな、と思っていました。
定期試験の監督で行く予定だったのですが、スケジュールが合わず、卒業式になってしまいました。

 

そして、今回どうしてもお伺いしたかったところ、
私のビジネスのスタート、そして羽ばたくきっかけを作ってくださった
芦屋の美容室、asha さん
どうしてもオーナーに直接、お礼を言いたくて
そしてスタッフのみなさんにお会いしたくて

ashaさんで、研修をさせていただき、またヘアカットをしてもらっていて
スタッフのみなさんの笑顔を通じて、笑顔の大切さはもちろん
オーナー夫妻の人を育てる温かさ、絆と大切にする姿勢を学びました。

 

どうしても、会いたい、と思わせる力ってなんなのでしょう。
ふと思いました。

 

ashaさんには、接客を超えたみなさんの温かさがありました

では、学生達の何が私を動かしたのでしょう…。

 

定期試験で、出題した授業の感想文でした。

手書きの文字の温かさ、改めて感じました。
そして、その思いも

My 3 Swords_Pentel Q1000 Series-2 / Mitmensch0812

やっぱり、メールも便利だけど、
手書きの文字って思いが伝わるものですね

「あ、あべ先生だ」
「会いに来たよ」
思わず言いました。

テストの感想文には

いつも最後の授業に言う言葉
マナーはみんなを守るから、今は面倒だと思っても、大切にしなさい

という言葉が心に響きました。と数名書いてくれていましたが、
どんな大人になるのか、未来を背負う彼らがまぶしかったです。


03月18日 2013年
2013, manner, March, essay

敬語

昨日のお稽古は久しぶりの抜き打ち筆記テスト。
歴史のこと、今まで習ったことなど、広範囲でありますが
毎回必ず出るのが敬語。

敬語、苦手です…
とおっしゃる方がとても多い。

4月の研修に供えて私も準備に入っていますが
敬語は日々の会話の中のもの。
敬語のみを取り出して、というよりも
普段から意識する必要があります。

ただ、相手との関係や立場にもより、
基本を知ってTPOに応じなければいけません。
そのTPOが難しいんですね。

着ないと着こなせない洋服と同じで
日頃から使わないと使いこなせないのが敬語

Meeting nieuwe leden
Meeting nieuwe leden / Voka – Kamer van Koophandel Limburg

新入社員の方にはイラスト付きでもなんでもよいので
読みやすそうな敬語の本を2~3冊読むことをお勧めしています。

それから、使えそうだな、
と思う言葉を少しずつ使っていってくださいとも。

例えば、「すみません」という言葉。
つい、何かにつけて「すみません」と言ってしまいがちですが
通路を譲ってくださったときには「おそれいります」
Automatic Doors
Automatic Doors / Wootang01

何かしてくださったときには「お手数をおかけします」
本当に申し訳ない時は「申し訳ございません」

その中でも「おそれいります」から使ってみようかな、と。
言い慣れないと照れも入りますし、口から出てこない。
一気にというより、少しずつが大切です

洋服をお洒落に着こなすように、
日本語も美しく使いこなしたいですね。


03月14日 2012年
2012, For Japanese Culture, For Ladies & Gentlemen, manner, March

社会の基礎体力

昨日で高校の授業が終了。
実技試験は総復習だったので、
玄関の靴の脱ぎ方、襖の開け閉て、座礼の3本立て。

一年でずいぶん、所作ができるようになったと
ホッと一安心でした。
和室@Keio Plaza Hotel
和室@Keio Plaza Hotel / Tezzca

最後に彼らが私に教えてくれたことは
日々の訓練の大切さでした。

何気ない所作から、何も学んでいない生徒との所作の違いを見て
1年間の授業がどれだけ彼らの所作のベースになっていたか
教えていた私自身が驚きました。

和の所作が現代社会において どこまで使えるか、
特に男子学生は堂々と不満を言っていたし、
私自身も状況にそぐわない時、所作を省略したりするので、
彼らの言い分もわかります

ただ授業中、彼らが不平を言った時、
マナーは社会にでてからの基礎体力と伝えました。

サッカーなら自主トレして体力をつけなければ、試合で実力も発揮できません。
英会話なら、英単語を地道に覚えなければ言いたいことも言えません。
Conversation
Conversation / Search Engine People Blog

所作は会話を交わさずとも、心を伝えられるものだし、
日本文化は国際化における教養です。
自国の文化も知らずして、相手の文化が理解できるの?

と叱った日が懐かしく感じました。
彼らの素朴な疑問に、考えさせられ、私も学んだ一年でした。
来年も彼らの授業を担当できるといいな。

さて、私の日々の訓練。
私は和のお稽古はもちろん、問題は英語力です…。
Learning more through text
Learning more through text / ekelly89

嫌いだった英語がようやく楽しくなってきたこの頃。
彼らに負けないように、勉強しようと思った閏日でした。


02月29日 2012年
2012, February, manner

なんでもない幸せ

昨日の朝から
♪何でもないようなことが~、幸せだったとおもーうー♪
というメロディが頭の中をずっとまわっています。

というのも、必ず上記の歌を歌いながら教室に入ってくる生徒がいて
頭に残るんですね。
しかも昨日、今日と朝は少しゆっくりできたのでずーっとまわっています。

でも、あの歌が回っているくらいですから
ここ2週間くらい忙しかった時に思ったことは
日常生活の大切さです。

家族の協力があって、仕事をしていますが
忙しくてもどうしてもこれはやるぞ!という家事や物事があります。
それをしないと落ち着かないというか
頭のスイッチが切り替わらずに、家にいる実感がしない…。
日常生活の一つをすることで、頭を休めようとしているのかもしれません。

普通に朝の朝食の支度をしたり、
house bread
house bread / cotaro70s

玄関のたたきを水拭きしたり、
玄関にお香を焚いたり、
些細なことなのですが
するのとしないのとでは何となく、落ち着き度合が違う。
簡単な家事でも意識がはっきりと切り替わるので
落ち着くんですよね。

料理はその典型です。
段取りを考えながらですから。

そして、「いってらっしゃい」という言葉を言えるのも
江戸東京たてもの園part2-032
江戸東京たてもの園part2-032 / nakimusi

嬉しいものですね。
高校の授業の時や出張が重なるとなかなか言えないので。

これからまた次の仕事に集中しますが、一段落ついたので
このようなことを思うのかもしれません。

なかなか思うようにはできませんが、
日常を丁寧に暮らすことの大切さを実感。
週末はお雛祭りの室礼で、少し気持ちを緩めようと思います。

日常の幸せ、みなさんは何ですか?


02月23日 2012年
2012, February, For Ladies & Gentlemen, manner

ホテルでの会話

先日、ホテルで耳にした話。
会食の際、ある人がカトラリーの手順を間違ってしまったようです。
接客担当の方が
「お客様、それは杏仁豆腐用です」と間違いを指摘し、
忙しそうに新しいカトラリーを持ってきました。

今日、ホテル内で迷ってしまったとき
道案内してくださったホテルの方が
「迷路みたいなホテルで、申し訳ありません」
Hotel Entrance
Hotel Entrance / b3d_

会食の際の間違いを指摘した風景が頭に残って
他人事ながらあまり気分がよくなかったので
今日のホテルマンの方の会話にホッとしました。

誰でも間違いはあるもので、それを指摘するのではなく、
それを受け止め、さりげなくフォローしてくださると
ホッとしますよね。

が、間違いを指摘された方も、忙しかったのでしょうね。

ただ、いつも変わらぬ思いやりを持つには心の余裕が必要なのかな、
ホテルの方が「今日は寒いからお気をつけて。」と一言。

ほんの少しの気遣いや会話で、日常って豊かになるなぁ、
と感じた日でした。


02月09日 2012年
2012, February, manner