あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

February 一覧

社会の基礎体力

昨日で高校の授業が終了。
実技試験は総復習だったので、
玄関の靴の脱ぎ方、襖の開け閉て、座礼の3本立て。

一年でずいぶん、所作ができるようになったと
ホッと一安心でした。
和室@Keio Plaza Hotel
和室@Keio Plaza Hotel / Tezzca

最後に彼らが私に教えてくれたことは
日々の訓練の大切さでした。

何気ない所作から、何も学んでいない生徒との所作の違いを見て
1年間の授業がどれだけ彼らの所作のベースになっていたか
教えていた私自身が驚きました。

和の所作が現代社会において どこまで使えるか、
特に男子学生は堂々と不満を言っていたし、
私自身も状況にそぐわない時、所作を省略したりするので、
彼らの言い分もわかります

ただ授業中、彼らが不平を言った時、
マナーは社会にでてからの基礎体力と伝えました。

サッカーなら自主トレして体力をつけなければ、試合で実力も発揮できません。
英会話なら、英単語を地道に覚えなければ言いたいことも言えません。
Conversation
Conversation / Search Engine People Blog

所作は会話を交わさずとも、心を伝えられるものだし、
日本文化は国際化における教養です。
自国の文化も知らずして、相手の文化が理解できるの?

と叱った日が懐かしく感じました。
彼らの素朴な疑問に、考えさせられ、私も学んだ一年でした。
来年も彼らの授業を担当できるといいな。

さて、私の日々の訓練。
私は和のお稽古はもちろん、問題は英語力です…。
Learning more through text
Learning more through text / ekelly89

嫌いだった英語がようやく楽しくなってきたこの頃。
彼らに負けないように、勉強しようと思った閏日でした。


02月29日 2012年
2012, February, manner

雨の音と春の色

一雨、一雨降るごとに、春はもうすぐ、という感じですね。

雨は好き?と聞かれると正直、人は勝手なもので
出かけるときは晴れていてほしいし、
雨が降らなければ 雨が恋しい。

ただ、
雨が傘を跳ねる音がすごく好きです。
Bye bye summer
Bye bye summer / kennymatic

小学校一年生の時の国語。
初めて読んだ題材が『おじさんのかさ

あめがふったら ポンポロロン
あめがふったら ピッチャンチャン

雨の日が楽しくなるお話なのですが
いまだにそのお話を思い出します。

このお話とは別に小さいころから大好きだったのが
『ことばあそびうた』

まだ本屋さんで同じものが売っています。
これだけは捨てずに、30年以上、本棚にずっとあります。

どうも、昔から言葉や音に興味があったみたいですね。
言葉や音は日常に彩りを耳から与えてくれるもの。
色は目から日常に彩りを与えてくれるもの。

そう考えると「音色」って素敵な言葉ですよね。

サロンから見えるお庭にもすこしずつ春が訪れています。
街並みも少しずつ春物がディスプレイに華やかさを添えています。
お洒落が楽しい季節でもある春。

Viola
Viola / yamada*

季節とともにお似合いの色を取り入れていってくださいね。


02月25日 2012年
2012, February, For Ladies & Gentlemen, essay

なんでもない幸せ

昨日の朝から
♪何でもないようなことが~、幸せだったとおもーうー♪
というメロディが頭の中をずっとまわっています。

というのも、必ず上記の歌を歌いながら教室に入ってくる生徒がいて
頭に残るんですね。
しかも昨日、今日と朝は少しゆっくりできたのでずーっとまわっています。

でも、あの歌が回っているくらいですから
ここ2週間くらい忙しかった時に思ったことは
日常生活の大切さです。

家族の協力があって、仕事をしていますが
忙しくてもどうしてもこれはやるぞ!という家事や物事があります。
それをしないと落ち着かないというか
頭のスイッチが切り替わらずに、家にいる実感がしない…。
日常生活の一つをすることで、頭を休めようとしているのかもしれません。

普通に朝の朝食の支度をしたり、
house bread
house bread / cotaro70s

玄関のたたきを水拭きしたり、
玄関にお香を焚いたり、
些細なことなのですが
するのとしないのとでは何となく、落ち着き度合が違う。
簡単な家事でも意識がはっきりと切り替わるので
落ち着くんですよね。

料理はその典型です。
段取りを考えながらですから。

そして、「いってらっしゃい」という言葉を言えるのも
江戸東京たてもの園part2-032
江戸東京たてもの園part2-032 / nakimusi

嬉しいものですね。
高校の授業の時や出張が重なるとなかなか言えないので。

これからまた次の仕事に集中しますが、一段落ついたので
このようなことを思うのかもしれません。

なかなか思うようにはできませんが、
日常を丁寧に暮らすことの大切さを実感。
週末はお雛祭りの室礼で、少し気持ちを緩めようと思います。

日常の幸せ、みなさんは何ですか?


02月23日 2012年
2012, February, For Ladies & Gentlemen, manner

お勧めの京都のお宿

ここのところ、ゆっくりとデスクの前に座れず、
ブログもご無沙汰してしまいました。
忙しいときに限って、こんなことブログにしたいな、
と思いつつ、たどり着かないもどかしさもありますね。

本屋さんの買い込んだ本では休息が足りなかったようで
仕事の合間をぬってプチ旅行を決断!
さて、今日はお勧めの京都のお宿をご紹介します。

京都で有名なお宿は
俵屋さん、柊屋さん、炭屋さん、いろいろありますよね。
最近は星のやさんも人気ですね。、
しかしながら温泉好きの私としては少々物足りず…
京都にも嵐山温泉や、三千院の近くの大原、など小規模ながらあります。
DSC_0751
DSC_0751 / Marufish

中でもおすすめなのが亀岡にある
湯の花温泉すみや亀峰庵
湯の花温泉で女性好みの「翠泉」もあるのですが
リニューアルしたお部屋や予約の取りやすさから
「すみや亀峰庵」もなかなか素敵ですよ。

京都市内のホテルで泊まってもいいのですが
せっかくなので友人が来ると案内するのがこのお宿。

嵐山からトロッコ電車でもいけますし、
京都駅からのアクセスも快速に乗れば20分と
意外と近いんです。
DSC_0151
DSC_0151 / Marufish

*トロッコ電車は観光シーズンに関わらず、予約がベターです!

市内は観光シーズンはかなり車の渋滞がありますから
電車でサッと移動できる場所のほうが
時間を有効に使えます。
帰りは気候がよければ保津川下りもできて、なかなか。
DSC_0501
DSC_0501 / Marufish

今回は昨年、毎年恒例の九州旅行に行けなかったので
贅沢なお部屋を予約しました。

上巳の節供(桃の節供)の前なので、室礼なども楽しみですし、
節供の本来の意味での厄落としにもちょうどよさそうです。

上巳の節供に関してはまたあらためて
我が家の室礼を変えたらお伝えしますね。


02月20日 2012年
2012, February, For Japanese Culture, For Ladies & Gentlemen

手に取った本

頭が疲れたり、旅行に行けなかったりすると
現実逃避的に向かうのが本屋さん。

手当たり次第に本を買いたくなる時は
自分のご褒美としてたくさん本を自分にプレゼント。

仕事柄、授業に関する本を中心に購入しているので
これが結構楽しい。

さて、なぜ今更?と買ってしまったのが、

『ココ・シャネル 女を磨く言葉』高野てるみ著 PHP文庫

少々タイトルがベタな感じなので、手にとるのを躊躇しましたが、
素敵な言葉がちりばめられているので購入。
たくさん心に響きましたが、
普段 風紀委員のようなことを言っているので
「みだしなみ」に関する言葉をご紹介しますね。

あなたはわたしをはじめ、他の人たちに
夢を与えなければいけないのよ。
それがメイクもせず、
ちゃんとした格好もしないのなら、
お掃除でもしていなさい。

1001-chanel-coco-chanel_li
1001-chanel-coco-chanel_li / chariserin

ノー・メイクで、ジーンズをはいてきたモデルたちを
叱った言葉です。
プロってこういうことだよね
そう思いました。
仕事をするときはお化粧をして、髪を結い、
スーツを着て、アクセサリーをつけていたというシャネル。
夢を与えるにふさわしい心構えや気概が窺えます。

先ほどのシャネルの言葉を男性に置き換えてみるなら

ビジネスマンの皆さんは、あなた自身をはじめ
世の中に商品を伝え、夢を与えなければいけない。
それがネクタイも緩んで
スーツもきちんと着ないのならば
あなた自身も商品もお客様の心に響きません。

(偉そうにすみません)

この言葉の置き換えには様々なご意見があると思いますが
本や言葉が面白いのは
読む側に想像と創造の機会を与えてくれるところ。
coco+chanel+1937-1
coco+chanel+1937-1 / chariserin

わたしにとって一日ごとに
ものごとは単純になっていく。
なぜなら一日ごとに何かを学ぶから。

シャネルの言葉に少し勇気づけられたので
また頑張ろうかな。


02月12日 2012年
2012, February, For Ladies & Gentlemen