あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

April 一覧

LicAlor も1周年を迎えました。

本日、会社設立1周年です。
(今更ながらですが、会社はリカラーと呼びます。)

思い起こせば、この一年間、本当に
様々な方にご縁やお力添えをいただきました。
今日、このように迎えることできましたこと、
この場をお借りしてお礼申し上げます。

さらに、皆様のご期待に添えますよう、
そしてイメージコンサルティングを
皆様に身近に感じていただけるよう
このたびHPをリニューアルしました。
(まだテキストの細かい修正はありますが…)

必見すべきはBefore/Afterです。

特に男性モデルとして登場くださった
林拓真様、松下欣史様には
男性のイメージコンサルティングの必要性を体現していただいたと思っています。

ブログにて、HPではお伝えしきれなかったコンサルティングのお話を
少しずつお伝えしていく予定です。
イメージコンサルティングって難しいことではなく、
どんな視点で、どんな風に自分を可視化し、ブランディングするのか、
みなさんのヒントにもなるように、少しずつ綴っていきますね。

関西の風紀委員として、ビジネスマンのお役に立てればと思います。

また、今年度から、高校の授業ではなく、大学、短大、専門学校での
マナー・プロトコール検定対策や、パーソナルカラー、就職対策講座などの
お仕事をさせていただく運びとなりました。

少しでも、日本の伝統文化のエッセンスをわかりやすく、マナーを身近に
そして、私がたくさんの人に助けていただきながらここまでこれたように
学生さん達をサポートしてあげられたら、と思います。

引き続き、よろしくお願いいたします。

感謝の気持ちを込めて
株式会社LicAlor あべりか


04月29日 2012年
2012, April, Introduction, news

身だしなみの視点

ご無沙汰をしています。
新入社員研修も一段落。
研修は私自身の集中力や準備もかなり必要になるので、
ブログをお休みして研修準備に専念していました。

今日は身だしなみの視点に関して、最近感じたことを書きますね。

研修の始めに「ビジネスマナーの重要性」などの定義で
自己満足→顧客満足
自分目線→顧客・相手目線
などのように、視点が変わることをまず学びますよね。

身だしなみに関しても、この視点は適用されます。
ただ、自分の価値観やトレンドも含まれ、
ビジネスのスタンダードがどういうものなのか、
相手からどう見えるのか、認識が薄れ
わからなくなっているんだな、と感じました。

Suit Up! (286/365)Suit Up! (286/365) / andrewrennie

プライベートの時なら、写真のような髪型もカッコいいのですが、
ビジネスで大きな契約をするときにはちょっと考えてしまいませんか?

研修でも相変わらず風紀委員としてビシバシと言います。
彼らの不服そうな表情は明らかですが、彼らのためでもあります。
でも、そこには私自身の経験から伝えたい気持ちも含まれます。

私はアパレル時代に髪の毛が腰くらいまで長かったのですが、
快活に見えなかったようで、営業サイドの仕事が多くなった時、
髪をショートに切ってカラーリングしたんです。
髪を切った後では社内の人にもお客様からも受け入れられ方が違いました。

研修で直接お伝えたしたわけではないのですが、
先日、HPの撮影モデルの変化を見て、コンサルティングに来てくださり、
スーツをお買い上げになったお客様がいらっしゃいました。

商品の何をアピールするかよりも
まず
自分をどう見せて、相手の心にどんなフックをかけて
それから自社のアピールにつなげるか、が大切だと
気づいてくださったようです。

Sakura (Cherry Blossom) @ Shukugawa Park
Sakura (Cherry Blossom) @ Shukugawa Park / Hyougushi

若い彼にとっては一大決心の自己投資としてのスーツだったと思います。
コンサルティング当日は電車から見た桜を眺めながら
お客様の自己投資に見合う以上のコンサルティングを提供することが
自分の仕事でもあり、お客様の変化が喜びでもあるな、と感じました。
明日からも仕事、頑張ります。


04月15日 2012年
2012, April, For Ladies & Gentlemen