あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

Art 一覧

旅の京で感じたこと

距離とは面白いもので、今まで身近だった景色も
旅先の京都としての景色に変わります。

距離を置くことで客観的に物事が見えること、ありますよね。
今日は、先日の京都での勉強会で感じたことです。

先日、訪れた水野克比古先生の町屋写真館。

京都の街並みを撮影していて、町屋がなくなるのにいち早く気づかれ、
保存の一環として町屋を事務所にされた水野先生。

京都に移り住んで約30年、
町屋を改築して、お茶の世界観を広げたランディ先生

様々な試みの中に、町屋に可能性を見出したレストラン蒼

3軒の町屋見学を通して、様々な人との出会いの中で
文化がどう融合して、それぞれの視点でどう熟成され、
どう それぞれの状況にあったものとして存在し、現代に融合しているのか
非常に興味深い体験でした。

当たり前のことだけど
文化の中には必ず受け継ぐ人がいます。
受け継ぐ人の心意気で、文化はたくさんの可能性があるんだと感じました。

新しいものが出たとき、賛否両論、評価は分かれるものですが
大切なのは物事をとらえる「ぶれない軸とバランス」なのではないかと思いました。

見学させていただいた場所には
日本文化に対する敬意と愛情を感じました。
そして、現代に馴染んでいるバランス感覚も。

人が文化を熟成させていくように、
人も文化によって、周りの環境によって熟成されていくのでしょう

町屋の気配に文化に根付いた人々の暮らしを感じました。

「ぶれない軸とその時代に応じたバランス感覚」
とても抽象的になってしまいましたが
これは仕事をする上でも大切なことですよね。

意識しながら仕事に臨もうと思った、そんな京都の旅でした。


03月08日 2013年
2013, For Japanese Culture, March, news, Art, essay

Timeless elegance

前回のブログで紹介したジョージジェンセンのイベントに参加してきました。

ジェンセンのシルバーウェア350点が デンマーク大使館内にディスプレイされ、
それはとても心湧き立つような、贅沢な時間を楽しみました。

今年工房を開いて100周年の歴史を持つジェンセン。
アールヌーボーから、アールデコ、モダニズム、とテイストは違えど
どの時代にも何か訴える美しさがあります。

なぜ時代も越え、テイストが変わってもそこに美しさを感じるのか・・・

大使館公邸に鳴り響く、シルバースミス(銀細工師)が奏でる木槌の音が教えてくれました。
何気なく響く木槌の音ですが、音楽のように場内に響きます。
音が伝える、空気感が伝える、何か

そこには、クラフトマンシップに支えられた確かな技術と美への敬意を感じました。

シンプルなデザインほど、複雑な工程を経ているというシルバーウェア。
絶対的なこだわりと、シルバーに対する情熱。

シンプルな力強さと、細部への繊細さが、一つの作品の中に同居したデザイン

そして、商品を説明くださった方はそれを
Timeless elegantceと表現していました。

人はモノにそれほどまでの想いとそれまで培った技を込めることができる。
それを手にした人は、その想いと技を受け止めて、惹かれる。
だから、今度は、そのモノを使って何を表現するか?が、大切なのだと思う。

バトンは、作った人たちから、それを手にした私たちへ確かに渡されているのです。

本物の芸術って、わたしたちにいろいろなことを考えさせてくれる、
ジェンセンのホロウェアは、やっぱり芸術の域に到達している。

あー、素敵な時間だった、とつくづく感じました。
次週は、心に残った素敵な言葉を紹介しますね。


10月26日 2012年
2012, news, October, Art, essay