あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

詳細

ウェディングのアクセサリーを選ぶ

先日、久しぶりに気に入ったアクセサリーを購入したので、
今日はアクセサリーの選び方についてご紹介します。

特にブライダルはヘアアクセサリーなど どうしようか、迷いますよね。

大事なのはまずバランス
ドレスとのバランスを見て、
too much になっていないか、
デコラティブなドレスなら、調和が取れているか
さらに、肌の露出とのバランスが取れているか。
など、チェックしてみてください。

その際、座ってのバランスを見ることも忘れずに。
もちろん立ってのバランスもです。

そして、ヘッドドレスの場合、ヘアスタイルとのバランスもありますから
必ずリハーサルしてくださいね

アクセサリーを選ぶときに、見直してほしいこと。
骨格と骨の太さです。
客観的にご自身の骨の太さを見てください。

それから、アクセサリー自体のラインを見てください。
調和がとれますか

例えば、写真は先日購入した私の普段のアクセサリーですが
かなりの健康体で母が産んでくれたので
骨が女性にしては太く、手も大きい。

なので、繊細なデザインよりも大ぶりなものではないと
アクセサリーが物足りない印象になります。

というように、骨格や骨の太さも含めてのバランスを見る。

ネックレスなら、首の太さ、首の長さとのバランスを見る。
加えて、鎖骨下のふくよか感も見てください。

ヘッドドレスなら、
顔の幅とティアラの幅
顔全体の長さとティアラ・クラウンの高さ

などなど。

いずれもドレス、会場の雰囲気、
ヘアメイクとのバランスで一概には言えませんが、
面長の人は低めのティアラで、シンプルかつフラットなタイプ、
丸顔さんは高さのあるタイプなら、高さのあるものを。

生花にするにしても、顔の大きさと花の大きさ、ボリュームを
考えてくださいね。

ヘアメイクのリハーサルまで来たら、
素敵な花嫁さんまで あともう少し。

疲れが出ないように、お肌のお手入れも忘れずにしてくださいね。


01月18日 2012年
2012, For Wedding, January

>>この記事にコメントする



 使用できるHTMLタグは、STRONG, A, BLOCKQUOTE, CODE