あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

詳細

ドレス選びのコツ ~会場とのバランス

結婚が決まったら、式場を探してそれからドレスというパターンが多いと思います。
どんなドレスを着ようか、こんなドレスが着たい!
夢はたくさん膨らみますね。

たくさんの結婚式を見てきて、
皆さんに知っておいていただきたいなと思うこと
会場とドレスのバランスです。

例えば、着たいドレスが写真のような
ドレープが美しいシンプルなドレスだとしましょう。

Interesting wedding dress
Interesting wedding dress / flippinyank

会場はどちらが合うでしょうか?

100名様まで可能の披露宴会場と
結婚式ホテル会場

50名様までのレストランウェディング会場。
table #2 at reception overlooking Boston
table #2 at reception overlooking Boston / kthypryn

当然、レストランウェディングの会場のほうが合いますよね。

レストランウェディングの場合はゲストとの距離が近いので
ディテールや素材の美しさも華を添えます。
ホテルなどの披露宴会場の場合は、遠くから見て花嫁の存在感がある
ドレスの方がお勧めです。

この逆のパターンも多く、レストランウェディングで、
とてもボリュームのあるドレスを選んで入退場の際に
ご苦労されてしまう新婦様も多くいらっしゃいます。

このようにシンプルに考えれば自然とドレスも絞られるのですが
ドレスショップに行くとたくさんの素敵なドレスに目がいくので
悩みますよね。

ドレスショップに行く際は式場のパンフレットなどを持って行くと
ドレスアドバイザーの方もよりお勧めのドレスを選んでくださいますよ。


10月19日 2011年
2011, For Wedding, October

>>この記事にコメントする



 使用できるHTMLタグは、STRONG, A, BLOCKQUOTE, CODE