あべりかのブログ

あべ りか
イメージコンサルタント

関西学院大学卒業後、アパレルメーカーに入社。販売促進部で、ディスプレイデザイン、百貨店・専門店へのセールスサポート、ファッションアドバイザー指導などを、企画部でカラーディレクション、マーケティングリサーチを担当。「色」の魅力とその可能性に魅かれ、パーソナルカラーの会社に転職。営業企画の傍ら、ブライダルコスチュームの研究を重ね、イメージを実現化するためのノウハウを専門学校で実践的に指導。その後、日本におけるイメージコンサルタントの第一人者 大森ひとみ氏に師事。現在は大森メソッド専任講師としても活動を行なっているほか、美容サロンでのカラー研修、エステサロンでの接客・販売員研修、高校の派遣講師として伝統文化の指導にも携わっている。

<資格>
AFT色彩技能検定1級
マナー・プロコトル検定1級
秘書技能検定1級
日本茶インストラクター
BIAブライダルコーディネーター

<所属>
AICI国際イメージコンサルタント協会
日本マナー・プロコトール協会

ご予約・お問合せ
メールメールでのお問合せはこちら

エンターキーで検索ができます

ブログカテゴリー

間仕切り

詳細

雛祭りにもカラートレンド

先日、所属しているAICI国際イメージコンサルタント協会の
シビリティ委員会の勉強会に参加して参りました。

シビリティ、訳すれば「礼節」
地方での勉強会で、町での人々とのかかわり、文化、歴史を学ぶ
そんなテーマで主催され、お手伝いをさせていただきました。

最近、忙しく文化にじっくりと向き合うことも少なかったので
とてもいい気づきとなりました。

勉強会の中で、マナーや人との交流、文化を通じ
「こころ」についてたくさんの気づきと学びがありました。

内容の濃い勉強会だったので、少しずつアップしていきますね。

京都で有名な写真家 水野克比古先生の町屋写真資料館での写真です。
町屋の見学のほか、四季折々の水野先生の写真が楽しめます。

 桃の季節になると、ピンクの着物が着たくなりますね。

さて、タイトルですが、お雛様の衣装にもカラートレンドがあるようです。
よく時代にによってお顔のつくりが変わると言いますが、
衣装にも反映されることもあるとのこと。
お内裏様の紫色の衣装ですが、紫は昔は貴人しか着用を許されなかった色です。

 下の写真は昭和のもの。
昭和天皇が皇太子の立太子か婚礼の後に(すみません、どちらだったか失念しました)
登場したお内裏様の衣装は際、黄丹。
この黄丹も禁色で皇太子にしか許されない色なんですね。

 水野先生のお宅では「美の辻」という催しが3月1日~3日開催され、
(西陣千両ケ辻界隈でアトリエを構える方々と春と秋に行っているそうです)
水野家に伝わったり、譲り受けたひな人形が約100体ほど飾られていました。
江戸時代の享保雛などもあり、身近な文化を通じて昔と今の時間を共有できる機会が
京都にはたくさんあるんだな、と感じました。

ずいぶん前ですが、「そうだ、京都に行こう」というCMがありました。

なんとなくそう思ってしまう
心を動かす文化や暮らし、風景が京都にはありますよね。


03月03日 2013年
2013, For Japanese Culture, March

>>この記事にコメントする



 使用できるHTMLタグは、STRONG, A, BLOCKQUOTE, CODE