教育関係のお客様

home

教育関係のお客様



教育関係の皆様へのサービスの特徴

株式会社リカラーは、若い学生の皆さんに、日本人としてのアイデンティティの確立を目指し、世界に通じるグローバルスタンダートのマナー修得を目的とした人材教育コンサルティング・ファームです。

私の授業には、特に次の点に特徴があります。

Lマナー・プロトコール検定対策講座の特徴


L就職対策講座の特徴


Lパーソナルカラー講座の特徴



間仕切り

Lマナー・プロトコール検定対策講座

マナーは、日常生活の中で身につけておかねばならない基礎体力の一つだと考えています。
もともと、マナー・礼儀は社交上の心のことであり、エチケット・作法は社交場の型や常識的なルールのことです。プロトコールとは、本来外交用語でしたが、国際的な社交上のルールと言うことができます。

「マナー」や「プロトール」というと、特別な形式だと思い、身構えてしまう学生も多いと思います。しかし、その「しきたり」や「形式」の根底には相手を思いやる心があります。

学生対象の高等教育機関におけるマナー・プロトコールの教育は、家庭における幼い子供へのしつけとは別のノウハウが必要であり、その点で教育機関における実践とノウハウの蓄積が弊社の強みです。

また、学生の到達度を公に認めるという意味で、日本マナー・プロトコール協会が実施している検定の取得を勧める方法があります。この検定は、マナーやプロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能を認定する資格検定です。国際ビジネス、サービス産業、教育業界をはじめ、就職、ビジネスの第一線や社会で活かすことができます。

検定対策でも、株式会社リカラーは、日本マナープロトコール協会アソシエイト・パートナーとしての実績があります。

授業展開例 (21時間:1回90分×2コマ)

講義
授業テーマ

1
マナー・プロトコールの歴史と意味

2
社会人に必要なマナー①  

3
社会人に必要なマナー②

4
国際人としてのマナー・プロトコール

5
「冠」のしきたり  

6
贈答と手紙に関するマナー

7
「婚」のしきたり

8
「葬」のしきたり  

9
食事のマナー①和食

10
食事のマナー②洋食

11
ビジネスシーンのマナー①  

12
ビジネスシーンのマナー②

13
「祭」のしきたり

14
試験対策

15
定期試験

(標準教科書)「大人のマナー講座」 日本マナープロコール協会(著)


日本マナープロコール協会のホームページ
http://www.e-manner.info/02_license/index.html

間仕切り

L就職対策講座

面接は一瞬一瞬の表情、立ち居振る舞いが面接官の心に響くかどうかがポイントです。

きちんと着こなしたスーツは、自己管理能力が長けていることのアピールにつながります。また、正しい立礼ができることは礼節を重んじる日本企業における好感度が上がり、学生の自信にもつながるでしょう。

リカラーの就職対策講座は、「あれはダメ、これはダメ」なのではなく、「なぜ、どこがだめなのか?」を学生自身に考えさせるため応用が効くアドバイスが特徴です。

実技では、具体的に身体の使い方をお伝えしながら、学生にわかりやすい、実習をしていきます。このため、頭ではなく身体で習得した本番に強いスキルが身に付きます。

この講座を通して身に付けた正しい立ち居振る舞いは、面接対策はもちろんのこと、就職してからも有効なスキルになるでしょう。

授業展開例(トータル6時間)

講義
授業テーマ

1
好感度のもてる第一印象とは?

2
就職活動に必要なスーツとアイテム

3
就職活動のための身だしなみのポイント

4
他の人と差をつける立ち居振る舞い

5
好感度の高い視線

6
ロールプレイング




間仕切り

Lパーソナルカラー講座

「その人の持っている色を見出し」、「その人に似合う色を提案し」、「その人の満足を高めること」これが、パーソナルカラー講座の目標です。

リカラーはパーソナルカラーに必要な基礎知識を伝えたうえで、ワークショップ形式で学生にパーソナルカラーを体感してもらいます。生徒達自身がそれぞれに実例となり、観察を繰り返すことでカラーに対する感性を養います。

ブライダル学科や美容・理容学校の短期集中講座としておすすめです。

授業展開例(トータル6時間)

講義
授業テーマ

1
色彩の基礎 ・色が見える仕組み(光源の重要性)

2
色の構成要素(色相・明度・彩度)

3
パーソナルカラーについて ・システムの理解

4
4シーズンの色の特徴を理解する

5
ドレーピングの着眼点

6
似合う色と似合わない色の反応・見え方